ロコモティブシンドロームとは

骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起り、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。進行すると日常生活にも支障が出てきます。
2007年、日本整形外科学会は人類が未だに経験したことのない超高齢化社会・日本の将来を見据え、このロコモティブシンドロームという概念を提唱しました。
いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモティブシンドロームを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。

こんな状態は要注意!チェックしよう7つのロコチェック

locomotive01
片脚立ちで靴下がはけない
locomotive02
家の中でつまづいたりすべったりする
locomotive03
階段を上るのに手すりが必要である
locomotive04
家のやや重い仕事が困難である
locomotive05
2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
locomotive06
15分くらい続けて歩くことができない
locomotive07
横断歩道を青信号で渡りきれない

これらに該当する方は、運動器の機能低下に陥っている可能性があります。運動器の機能が衰えると、生活の自立度が低下し、移動などが困難になります。この状態をロコモティブシンドロームと言います。

自分でやってみよう!ロコモ度テスト

①(両脚の場合)

高さ40cmぐらいの台(イスでもいいです)から両腕を組んだ状態で腰かけます。
両足は肩幅ぐらいに広げて床に対して、だいたい脛(すね)が70度になるようにします。そのまま反動をつけずに立ち上がって3秒間保持します。

locomotive08

locomotive08

②(片脚の場合)

①テストで両脚で立つことができたら、再び両脚を組んで腰かけます。
左右どちらかの脚をあげます。反動をつけずに立ち上がって、そのまま3秒間保持します。

locomotive11

3秒間保持できなかったり、立ち上がれない場合はロコモティブシンドロームの可能性もあります。
年齢にかかわらず、心当たりのある方は運動習慣を身につけたり、生活習慣を見直したりするなどの対処が必要になります。
また、痛みがでている場合は、整形外科等に受診し、適切な処置と理学療法士による運動療法を行うようにしましょう。

テスト時の注意点

  • 無理をしないで、気をつけて行いましょう。
  • 膝に痛みが起きそうな時は、中止してください。
  • 反動をつけると転倒する恐れがあります。